きのこ・原木栽培 きのこ

きのこ・原木
マイタケ(原木)
ヌメリスギタケ(原木)
ナラタケ(原木)
ムキタケ(原木)
ヒラタケ・別名シメジ(原木)


●マイタケ(原木)
マイタケ(原木) 天然ものの歯ざわりと味は定評
いろいろな料理に利用出来るほか薬効も多いキノコです。
独特の味と香りから高級なキノコとして珍重されており、天然物はなかなか手に入らない貴重なキノコです。
近年、原木のほだ木生産技術が確立され、誰でも手軽に栽培できるようになりました。マンションのベランダでも簡単にプランター栽培ができます。
収穫時期
9月下旬〜10月上旬
(秋/年一回)
作付難易度★★★
収穫難易度★
(★5つを最高として)
マイタケ(プランター栽培)
プランターでも栽培可能
このページの最初に戻る



●ナラタケ(原木)
ナラタケ(原木) 歯切れの良さと風味はNO1.
雑キノコの王様といわれていますが、壊れやすいため流通には乗りにくく、一般食卓では口にすることがあまりありません。
近年、栽培技術が確立され個人でも栽培して口にすることが出来るようになりました。
主に味噌汁、煮物に適しています。
もたせ、ぼしぼし、ならぶさ等地方名が多く、富山県では主に「もたせ」と呼ばれています。
収穫時期
10月上旬
(秋/年一回)

作付難易度★★★
収穫難易度★
(★5つを最高として)
このページの最初に戻る



●ムキタケ(原木)
ムキタケ(原木) 舌ざわりがよく、すきやき、うどんの具に向く
自然では様々な広葉樹の倒木に発生し、主にブナ林のキノコ狩りの対象になっています。
キノコの表皮がするっと向けやすい事からムキタケと呼ばれています。
毒キノコのツキヨタケとよく似ています。
食べ方としては、舌触りが良いので、味噌汁、煮物、油炒め、うどんの具などに用います。
収穫時期
10月中旬
(秋/年一回)

作付難易度★★★
収穫難易度★
(★5つを最高として)
このページの最初に戻る



●ヌメリスギタケ(原木)
ヌメリスギタケ(原木) ヌメリがある風味豊か、わさび醤油で最高
ヌメリスギタケはナメコによく似たぬめりのある茶褐色のキノコで、広葉樹の倒木から発生します。
傘にささくれのある事でナメコと区別が出来ます。
味噌汁や鍋物に利用できます。
収穫時期
10月中旬
(秋/年一回)

作付難易度★★★★
収穫難易度★
(★5つを最高として)
このページの最初に戻る



●ヒラタケ・別名シメジ(原木)
ヒラタケ・別名シメジ(原木)
早生種
早生・晩生・白種各種ある
ヒラタケの人工栽培は幅広く行われており、植菌からわずか半年でキノコの収穫が出来るようになりました。
品種としては早生、中生、晩生、ホワイト種色々な種類があります。
食べ方としては歯切れが良く、炒め物や煮物、フライ、マリネなど幅広い料理に合います。
収穫時期
初秋〜晩秋
(秋/年一回)

作付難易度★★
収穫難易度★
(★5つを最高として)
ヒラタケ・別名シメジホワイト種
ホワイト種
このページの最初に戻る

お問い合わせ

皆さまのご質問、ご意見、ご感想などをお待ちしております。